ブレークスルーを狙うバイオテクノロジー

編/東京大学先端科学技術研究センター谷内江研究室


羊土社「実験医学」の2018年11月号より「ブレークスルーを狙うバイオテクノロジー 東京大学先端科学技術研究センター谷内江研究室編」を連載しています。当研究室で新しいテクノロジー開発にハマってしまっているメンバーが最新バイオテクノロジー群とその発想の巧妙さ、それらが密接に連関している様子について12回に渡って解説します。

研究室のメンバーで編集会議を繰り返しながら連載構成を議論し、表面をなめる解説ではなく世界で高速に進むテクノロジー開発の裏まで解体していきます!


第1回
ゲノム編集ー美しきテクノロジーウェブの新たな中心 (谷内江 望) 2018年11月号

第2回 (予定)
DNAバーコードとゲノム編集で個体発生を追跡する (増山 七海) 2018年12月号

第3回 (予定)
DNAをデータ保存デバイスとして利用する (森 秀人, 石黒 宗)

第4回 (予定)
DNAイベントレコーダーによって細胞の過去の状態を知る (森 秀人)

他 (随時公開予定!)