研究テーマ

谷内江研究室は東京大学先端科学技術センター (RCAST) にある生命科学系 (合成生物学分野) の研究室です。


私達のミッションは新しい合成生物学とデータマイニングの技術を既存のテクノロジーと統合的に組み合わせて 分子・細胞・細胞分化計測のための新しい実験・テクノロジーを創出し、これまで観察不可能であった生命科学現象のベールを解くことです。


具体的に研究室で取組むテーマには以下のものがあります:

  • DNAバーコードとバーコードフュージョンを利用したタンパク質間相互作用の高速アッセイ
  • CRISPR/Cas9ゲノム編集技術の改良による新技術の創出
  • 細胞分化の一細胞レベルトラッキング
  • マルチオミクスデータの大規模データマイニング


研究室では、メンバーが常にフラットな関係で議論を積極的を交わしています。またチームとして最先端の技術にアンテナを張り、独立した個々のメンバーがラボ内外で自由に形成するコラボレーションを支援し、個々人が目標を達成しながらチームとしての問題に取組みます。


当研究室では現在、横断的にリスクをとって多分野の技術を組合わせて革新的なバイオテクノロジーを一緒に開発するメンバー・学生を募集しています。詳細はこちらをご覧下さい。